真冬の作業着として必須アイテムなジャンパーのメリットとアレンジ

サイトマップ

ジャンパー

ジャンパーとブルゾンの違い

「ジャンパー」と「ブルゾン」言葉ではあまり違いはなく使用されているようですが、ではなぜ呼び方が異なるのでしょうか。元々は言葉が違うために呼び方が異なっていただけのもので、英語圏ではジャンパーと呼び、フランス語圏ではブルゾンと呼ばれるだけのものです。
しかしファッションにおいて若者の中ではジャンパーとブルゾンは区別されています。ジャンパーは作業着が主体になっており、防寒や防水目的で着用されているものです。運動する際にも着用するため、動きやすく作業しやすく少し大きめの作りになっています。作業場などでは会社名の入ったジャンパーを着ている方々を見かけることがあると思います。
一方ブルゾンとは、裾を絞ったブラウスという意味を持つ言葉です。普段着や私服のオシャレアウターとして用いられています。最近のブルゾンではダウンや中綿が入っているものも多く、防寒にも最適です。また、中にはシルエットがキレイなオシャレジャンパーも登場しており、ファッションの意味においても隔たりがなくなってきているようにも感じます。ファッション性という意味では、フランスはオシャレで素敵だと憧れている日本人が多いので、ブルゾンがジャンパーよりオシャレとされていることはなんとなくわかるような気がしますね。

ジャンバーはいつから造られたのか

ジャンパーとブルゾンの違いは?ジャンパーとは、サイズが合っていなくても着れる上着であり、作業用や防寒・防水用として着用します。スポーツウェアやカジュアルなものです。ブルゾンとの違いが分からない人も多いと思いますが、英語読みなのかフランス読みなのかという、ただそれだけなのです。一昔前まではジャンパーと呼ぶのが普通だったが、今ではブルゾンが主流である。ジャンバーなんて呼ぶと昭和の人と時代遅れに思われてしまう。ジャンパーの歴史では、ジャンパーやブルゾンについていつから…

ジャンパーは小学生の強い味方

朝早く家を出て学校へ行き、休み時間には元気に外で遊び、夕方帰ってくる小学生の子供たち。同じ一日でも、朝と昼、夕方では気温の差が大きい日もあり、服装や防寒着選びに悩むことも多々あります。そんなときに一役かってくれるのが、ジャンパーです。ジャンパーと聞くと、薄そうとか、コートなどより寒そうとかいうイメージを持たれがちですが、決してそんなことはありません。裏生地に暖かい素材を使っているものもありますし、表地がナイロンなど風を通さない素材でできているので、実際着てみると…

Copyright © 2017 真冬の作業着として必須アイテムなジャンパーのメリットとアレンジ All Rights Reserved.