真冬の作業着として必須アイテムなジャンパーのメリットとアレンジ

サイトマップ

ジャンパー

毎日愛用できる

普段の日常生活で楽で、さらにちょっとガサツに動いても丈夫なのがジャンパーなのでこの冬大活躍しています。ダウンやコートは袖がもたれたりするし、引っ掛けると穴が開いてしまうので、そっちはお出かけ用。スーパーの買い出しやペットの散歩、家の外周の掃除など身体をよく動かすので、その時はジャンパーを着ています。
ジャンパーと言うと作業着のようなイメージが強いですが、やはり女子としてはジャンパーと言えおしゃれなものを着たいですよね。私がジャンパーを選ぶ時は意外にもメンズファッションからチョイスしたりします。メンズ物のほうが、色や柄のデザインが多かったりするので、選択肢が広がりかっこよく着られます。メンズのSサイズでしたら女性の私も違和感なく着られるので、弟とシェアして着ています。男性だとショート丈に着ることができ、おしゃれですよね。
家族で同じ物を着られることによって会話が増えることも良いことだなと思います。私はほぼ毎日着ているのであまり高価な物ではなく、安いものを1シーズン着倒してしまいます。ネット通販などだと種類が豊富で価格も安いので便利です。毎年ファッションの流行も変わってきますので、おしゃれを取り入れつつ作業がしやすい物を今後も選んでいきたいと思います。

ジャンバーはいつから造られたのか

ジャンパーとブルゾンの違いは?ジャンパーとは、サイズが合っていなくても着れる上着であり、作業用や防寒・防水用として着用します。スポーツウェアやカジュアルなものです。ブルゾンとの違いが分からない人も多いと思いますが、英語読みなのかフランス読みなのかという、ただそれだけなのです。一昔前まではジャンパーと呼ぶのが普通だったが、今ではブルゾンが主流である。ジャンバーなんて呼ぶと昭和の人と時代遅れに思われてしまう。ジャンパーの歴史では、ジャンパーやブルゾンについていつから…

ジャンパーは小学生の強い味方

朝早く家を出て学校へ行き、休み時間には元気に外で遊び、夕方帰ってくる小学生の子供たち。同じ一日でも、朝と昼、夕方では気温の差が大きい日もあり、服装や防寒着選びに悩むことも多々あります。そんなときに一役かってくれるのが、ジャンパーです。ジャンパーと聞くと、薄そうとか、コートなどより寒そうとかいうイメージを持たれがちですが、決してそんなことはありません。裏生地に暖かい素材を使っているものもありますし、表地がナイロンなど風を通さない素材でできているので、実際着てみると…

Copyright © 2017 真冬の作業着として必須アイテムなジャンパーのメリットとアレンジ All Rights Reserved.